物損での交通事故

飛出し注意交通事故の種類を大きく分けると人身事故と物損事故に分かれます。人身事故は相手あってのことであるからこそ、当然損害も基本的に大きくなると考えて問題ありません。物損事故の場合は何かを壊してしまうことはあっても、対するのはあくまでも物であるという違いあります。物損事故の場合で請求できる損害の基本となるのはやはり修理費となるでしょう。もちろん、修理が可能な場合を指しています。修理が不可能となる場合は全損扱いとなります。全損の場合の買い替え費用に関してしっかり請求可能です。車が使えなくなった場合には代用使用料や休車損害に関しても請求できます。さらには、レッカー代や車両処分代や洋服や眼鏡などの着衣等の損害に関しても請求ができて、その内容は非常に幅広いといえるでしょう。

当然ながらしっかり余すことなく請求をしないといけません。人身事故の場合に比べるとどうしても損害は小さいものとみなされてしまうものの、元通りの生活を送れるようにいち早く対応するのが肝心です。また、物損事故の場合は特別なケースがない限りは、原則として慰謝料請求は認められていません。

当サイトでは物損事故による交通事故被害で請求できる損害についての解説をしています。物損事故の被害に遭った方はもちろん、今現在は何も起こっていない方も、しっかり頭に入れておいた方が良いでしょう。物損事故は決して他人事ではなく、いつ起こるか分からないという特徴を持っています。

Pocket

Published by 管理人